クリーンなエネルギーを得る太陽光発電

太陽光発電は近年、地球環境に優しいクリーンなエネルギーとして注目されており、急速に普及が進んでいます。

ではなぜ太陽光発電が地球環境に優しいのでしょうか。その理由についてご説明しましょう。火力発電の場合、発電を行うには石油や天然ガスなどの化石燃料を使用しなければなりません。この化石燃料は使用すると排気ガスや燃えかすなどの地球環境に悪影響を与える物質を生み出してしまいます。

また、化石燃料は採掘年数に限りがあるので、資源の枯渇が心配されます。一方、太陽光発電の場合エネルギー源となるものは太陽の光です。太陽光は晴れてさえいればいつでも供給できる無尽蔵のエネルギーです。しかも、発電した後に排気ガスや燃えかすのような副産物も生み出しません。このように太陽光発電はクリーンでエコな発電方法と言えます。ではなぜ、太陽光だけで発電することが可能なのでしょうか。

太陽光発電を行うには太陽電池が必要不可欠です。太陽から地上に降り注いだ光のエネルギーが太陽電池に当たります。このとき太陽電池の中では「光起電力効果」と呼ばれる現象が起こります。「光起電力効果」によって太陽電池内の半導体の電子が動くことで、電気が発生します。太陽電池にはシリコン系や化合物系、有機系など材質が使われています。太陽電池が複数枚パネル状に並んだものをソーラーパネルと呼び、広大な土地に多くのソーラーパネルを設置した大型の太陽電池施設もあれば、一般家庭向けに提供されているソーラーパネルもあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *