太陽光発電のメリットとは

現在、温室効果ガスの増加による地球温暖化の進行が問題となっています。

地球温暖化により、平均気温の上昇や異常気象が発生し、人々の生活に影響を与えます。発電に関しても、発電時に温室効果ガスを発生する火力発電を主とする国が多く、日本もその一つです。また、その燃料となる資源も限られているため、将来、資源の枯渇により火力発電が不可能となることが考えられます。

これらの問題の対策となる発電方法として、太陽光発電があります。太陽光発電は、太陽の光エネルギーを、建物の屋根に設置したソーラーパネルで吸収し、そのエネルギーを電気に変換します。晴れた日は発電量が大きいので、家庭の電力を十分に賄うことができ、電力会社への売電もできます。

これにより、光熱費を削減することができ、オール電化と組み合わせることで、より大幅に節約できます。また、太陽光発電は、温室効果ガスを排出せず、太陽の光を利用しています。これにより、温室効果ガスの削減による地球温暖化対策に大きな効果が期待でき、かつ半永久的に利用することができます。

さらに、災害時には停電になることがありますが、この発電方法は、その影響を小さくします。災害時も、昼間は発電をするので、その分の電力を、冷蔵庫や湯沸かし等に使用することができます。年々、太陽光発電の導入量が大きく増加するようになり、注目を浴びています。電気代の節約や自然環境への配慮を考えている方にとって有効な発電方法です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *