太陽光発電を導入するメリット

近年では自宅に太陽光発電を挿入する家庭も増加していますが、そのメリットは数多くあります。

太陽光発電は火力や原子力発電などのように大規模な設備を必要としないことから、そのユニットは小型にすることができるので一般の家庭にも導入しやすいという点が一番のメリットとなっています。また、太陽光発電では太陽光という自然のエネルギーを用いて発電を行うため、二酸化炭素などの温室効果ガスを排出することがないので環境にやさしく、クリーンなエネルギーを手に入れられるというメリットもあります。

さらには太陽光発電は発電するための燃料を必要としないことから、地震などの災害時に電力の供給がストップしてしまった場合であっても自宅で発電を行い電化製品を使用できるという点も大きな魅力となっています。つまり、災害に強い発電方法なのです。しかしながら、太陽光発電の導入にあたっては少なからずデメリットな面も存在しています。

デメリットとして考えられる点は、導入にあたっての費用が嵩んでしまうことです。しかし、この費用面のデメリットは長期的な視点で見れば、太陽光で発電をすることによって電気代が制約できるということを考慮すれば大きな負担とはならないはずです。次のデメリットとして、現時点では日中に発電した電力を蓄えておけるだけの蓄電池がまだないということです。つまり、夜間の電力に関しては従来通り、電力会社から電力を購入しなければならないということになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *