オール電化住宅って本当にお得なのか

オール電化住宅とは暖房・給油・熱を必要とするものすべてを電気でまかなうスタイルで近年幅広く普及しています。

オール電化住宅は、エネルギーをすべて電気で補うため、都市ガスやプロパンガスを使用することはありません。オール電化にするメリットとは、ガス熱源をひかないことで、基本料金を電気に一本化できるのでガスの基本料金をなくすことができます。また、住宅建設時にガス管やコストマイコンメーター等の安全装置を設置しなくてよいのでコストを抑えることが出来ることやガスを使用したコンロはIHクッキングヒーターに変わるので火災の危険性が低くなります。

一方で昼間の電気代が高くなることやすべてを電気に頼っているので停電時何もできなくなるというデメリットもあります。ではオール電化を上手く活用していくためのポイントをご紹介します。「安い深夜電力」を最大限に活かし、「昼間の電気代が高くなる」というデメリットを上手に避けていく生活ができれば無駄な電気代をかけずに生活していけます。

まずは、電気料金のプランにはいくつもの種類がありそれぞれの家庭の事情に合わせてお得に使えるプランを選びましょう。また、そのプランに合わせて電気代が安い時間に洗濯機をつかったりすることで電気代を抑えることが出来ます。オール電化の導入を考えているという方は様々な施工業者へ一括見積をお願いして自分たちのライフプランにあった契約内容を見つけ出すことが重要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *