オール電化住宅について

調理・給湯・空調・暖房などをすべて電気で賄う住宅のことをオール電化住宅といいます。

調理を行う時でも、ガスを用いずIHクッキングヒーターを代わりに使用したり、お風呂のお湯を沸かす時でも、深夜の安い電力を利用して、夜の間に湯を沸かしておいて日中に使えるようにするなど、今まで調理や給湯などガスに頼ってきたことがオール電化住宅にすると電気一本で全てOKになります。オール電化住宅には様々なメリットがあります。

それをいくつかご紹介しましょう。オール電化住宅ではガスを一切使用しないので、ガスの使用料金を支払う必要がありません。加えて、電気料金が安い深夜電力を利用しているので、とても経済的だといえます。また、地震などの災害でライフラインが止まったとしても、電気は復旧が早いとされているので、すぐに対応することが可能です。

さらに、調理において、ガスコンロではなくIHクッキングヒーターを使用するので衣服に着火するなどの事故が起きることがないので、火災のリスクを減らすことができます。掃除においてもIHクッキングヒーターの方がガスコンロより掃除の手間がかなり省けます。

ガスのような熱源を住宅に置いておく必要もないので、ガス漏れや不完全燃焼などが原因で一酸化炭素中毒に陥る心配がありません。このように普通にガスを使用するよりもオール電化住宅の方が経済面、衛生面、安全面において非常に優れていることがわかります。ガスに特別なこだわりがなければ是非おすすめしたい住宅です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *