知れば得するオール電化とは

オール電化という言葉をご存知でしょうか。

オール電化とは生活エネルギーを主に電力に切り替えることを指し、調理、給湯、暖房設備などをガスから電気に変えることです。オール電化にすると、様々なメリットが生まれますが果たしてどのあたりがお得といえるのでしょうか。まずオール電化にするとガス代が節約できます。ガスの基本料金支払いの必要性もなくなるので、このあたりはお得になるといえますね。

また、電力は深夜になると電気代が安くなるため、深夜電力を使用することによって、より経済的なコストを抑えることが出来ます。また、ガスに比べて火災を起こす心配などが少なくなるため、安全性も高いといえ、災害時に最速で復旧するエネルギーは電力であるとも言われており、万事の際も安心です。ただ、電気代自体が高騰しているというのも事実であり、昼間の電気使用量が多いとコストがかかってしまいます。

そのような場合、深夜の電力を貯蓄し昼間に使用できる「蓄電池」なるものも開発されています。住宅オール電化を考える際は、是非合わせて設置を検討したい所です。またガスに比べて、使用時の有害物質の排出が抑えられるのもメリットの1つともいえるでしょう。

コンロのお手入れも比較的楽になりますし、ガス漏れなどによる一酸化炭素中毒の心配もなくなります。設置までのコストは高額になってしまう場合が多いので、自分の生活スタイルに電力エネルギーが合っているのか、ガスの使用が合っているのかをしっかり考えて検討したい所です。
ガスの切り替えのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *