注文住宅をスマートハウスとして建てることができます

建て主のライフスタイルを趣味を重視することができる住宅として、注文住宅を建てることに興味のある人も多いでしょう。

注文住宅を建てるときには、設備の導入としてIT技術を活用することで消費エネルギーを節約できるスマートハウスにすることが可能です。住宅にかかるエネルギーをマネージメントするシステムを導入することで、太陽光発電や電気自動車、様々な電化製品などに必要なエネルギーを一元的に管理することが可能となり、リモコンを使って遠隔操作や自動制御を行えます。

スマートハウスでは家電や給湯、電気自動車などをネットワーク化することで、使用状況やエネルギーの供給状況の管理ができます。エネルギーを作る設備として、屋根のソーラーパネルを設置することが可能で、作り出した電気のうち余ったものがあるときは電力会社に売却できます。LPガスや都市ガスを使用することで、給湯と電気を同時に行えるものにエネファームがあります。

エネファームを導入すると、発電するときに出る排熱を使って給湯を行えるようになります。エネファームではエネルギーを使うところと作るところが同じ場所となりますので、送電のためのロスが減ります。そのために効率的にエネルギーを活用できるようになりますので、経済的な面においても効果の高い設備と言えます。注文住宅を建てるプラン作成の際に、太陽光発電や蓄電池を併設しておくことで、万が一停電になったときでも電気を使うことができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *