注文住宅の値段について考える

売却価格が決まっている建売住宅とは違い、注文住宅には決まった価格がありません。

こうした注文して住宅を建てる場合、値段は建て主の予算で決まりますのでこの点で、注文住宅は建売住宅やマンションとは大きく異なると言えるでしょう。マイホームのためにいくら払えるかということを前提条件として注文住宅のプランニングが始まります。注文でマイホームを建築する場合には建物の工事にかかる費用だけではありません。建築費として必要なのは建築本体工事費の他にも別途工事費というものがかかります。

本体工事費はまさに躯体の工事費ですが、別途工事費とは照明やエアコン関係、インテリア費用、水道やガスなどの引き込み、植栽や門、塀などのエクステリアにかかる費用全般を含みます。このように注文で建てる場合には二つの工事費が必要になるのです。また注文住宅の場合には地鎮祭や上棟式などの費用やご祝儀なども必要になりますし、建て替えの場合には取り壊し作業、仮住まいの費用等もかかってくることがあります。

さらに不動産を取得する際には登録免許税、不動産取得税、印紙税などの税金類もかかってきますので予算に計上しなくてはなりません。ローンを借りる際にはローン保証料、火災保険、団体信用生命保険などの各種保険料も必要になってきます。このように工事費だけでなくさまざまな諸経費のことも把握しながら予算を立てて、いくらのマイホームが建てられるのかを知ることが大事です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *