生活に必要なガスとガス料金の適正価格

ガスは炊事や入浴の際には欠かせない存在となっていますが生活に使っているガス料金が適正価格であるかは気になるところです。

まず、ガスは都市ガスとプロパンガスがありますが、都市ガスに比べてプロパンガスは高い傾向にあり、その差は二倍近くにもなると言われています。では、都市ガスに変えれば良いのかというと、必ずしもそうではありません。都市ガスの設備が整っていない地域では都市ガスは使用できませんので、プロパンガスから手軽に切り替えられるわけではないことは理解しておきましょう。

ガス料金を生活費からはできるだけ削減したいという場合はオール電化という選択もあります。この場合はガスは使わなくなるので基本料金すら発生しないことになります。その代わり、今までガスでまかなっていた部分も電気で対応することになるので、電気料金が高くなってしまいます。生活に必要なガス料金が適正価格であるかは、その使い方によっても違ってきます。キッチンで火を使う時間が長い人やお風呂でお湯をたくさん使う場合はどうしてもガス料金は高くなってしまいます。料金を少しでも抑えるのであれば、やはり火を使う時間やお湯の量を減らすなどの対策はしておきたいところです。

プロパンガスの場合はガス会社を選び直すこともできますので、適正価格ではないと感じる、より安く利用したいという場合は見直すことも考えてみましょう。2017年4月からは一般家庭でもガス会社は自由に選べるようになっています。今契約しているガス会社と新規の会社の料金プランも良く比較してより安く利用できる会社を見つけていきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *