ガス料金が安くなる?自由化で改めて考えたいこと

2016年の電力自由化に続き2017年、ガスの自由化が始まり、利用者が小売事業者を選べるようになりました。

自由化によって料金は安くなる方向ですが、あらためてガスについて考えてみてはいかがでしょうか。ガスの自由化とは、従来は東京ガスなど大手導管事業者(供給会社)の独占状態だった小売部門に新規参入を促し、自由競争をさせることが目的です。

自由競争により消費者の負担軽減や利便性の向上が期待されています。具体的には、各小売事業者ごとに料金を設定でき、ポイントサービスなど独自のプランを設定することができるようになりました。主なサービスとしては、ポイントサービスのほか電気や通信とのセットサービス、高齢世帯の見守り、住まいの困りごと対応などがあり、利用者にとっては従来よりも料金が安くなるだけでなく、今までになかったサービスも受けられるという嬉しい制度改正です。

使用開始時の対応や機器の点検、故障対応などは小売事業者が行いますが、ガス漏れなどの緊急対応は供給元の導管事業者が行いますので、災害対応が薄くなる心配はないようです。一方、都市ガス料金が相対的に下がったことで、プロパンガスからの切り替え要望も増え、プロパン事業者は危機感を強めています。プロパンのガス料金は以前から自由化されていたので、業者を変えることでガス料金を安くすることが可能です。プロパンは熱量が高く、災害にも強いなどメリットも大きく、業者はサービスを拡充するなど対策を強化しています。料金が安くなる点にばかり注目するのでなく、様々な観点から比較検討することが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *