ガス料金が適正価格かは

全国で約半数の家庭で利用されているLPガスですが、そのガス料金が適正価格であるのか疑問に感じている人は多くその理由にはどのようなことがあげられるのかを知ることが大切になります。

それにはいくつか理由があり最初に言われるのが運搬コストになり定期的に車で配達することは、都市ガスでは地下などのガス管を通じて各所に届くものよりコストがかからないようなイメージがありますが実際はガス管の敷設のほかにメンテナンスにも費用がかかることから運搬コストをLPガス特有のものと考えることはできにくいのです。

各地域のガス料金の設定は家電製品のような大手量販店のような存在がなく市場競争がないことや、それぞれの販売店が利益を確保できるように料金設定がされていることもあります。LPガス販売店が独自に自由に料金を設定できる事が地域により販売店により違いがある場合も多くあるのです。

ガス料金が適正価格で提供されるようにガス料金の透明化をすすめている団体や協会があり、単に安く提示された価格ではなく販売店の利益も適正に得ることができガスの供給が継続して行われるような価格が適正価格であるといえます。地域が交通網の発達した人口密集地である場合と、それぞれの家が離れていたり販売店から遠い場所に家がある場合では運搬に対する時間や労力には大きな違いがありそれにより適正価格にも変化があらわれるのです。建物が戸建か集合住宅などによっても変わってきます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *